\そのスクワット大丈夫ですか?/Part2

前回の続きになります!
なので、Part.1をまだ見ていない方は
先にそちらを見てから今回のブログ内容を見て下さいね☺
 
Part.1はこちら↓↓↓
 
これだけは守ってほしいスクワットフォームの内容です!
前回のおさらいですが、【足幅】【つま先の向き】この2点でしたね!

今回の最初のポイントです!
 

◆正しく股関節を使う

正直ここは一番難しいところで、我流だと、なかなか出来ない(^^;)
僕も体験パーソナルトレーニングで各関節の動きや連動性を見ますが、
スクワット動作を行う際に股関節を上手く使いながらスクワット出来る方はほぼ居ないです。

ネットで探しても無かったので、過去ブログの僕画像を使いますね(笑)
これでもまだマシですが、もっとカラダが直立し股関節ではなく、
主に膝ばかりを使ってしゃがんでしまうスクワットですね!
膝関節への負担は勿論、脛骨(けいこつ)を支える靭帯への負担も大きくなってしまいます・・・。
その他背中の筋肉に引き伸ばされる負荷がかかり、腰への負担も強くなります。

分かり易く言えば、お尻には効かず怪我をしやすいフォームだということ。
海外の方ですが、この画像のように股関節を使い、
骨盤を前に傾け、背中を真っ直ぐ維持させることが理想です!
スクワットはバリエーション豊富なトレーニングとお伝えしましたが、
ここのフォームは共通です。必ず押さえておいてくださいね☺

最初にお伝えしましたが、
このポイントはなかなかできないことが多い。
無理をすると怪我をする可能性が御座いますので、
違和感を感じられる場合はすぐに中止してくださいね(^^)

僕の画像でお見せすると、このような感じになりますね☺
気持ちもう少し顎(あご)を引いても良いかなと思いますが(笑)

◆手を組む位置

手の位置は目的や考え方によっては様々ですが、
始めは簡単に胸の前で手を組むようにしてみましょう!
このポイントは絶対ではないですが、難易度は優しく、
姿勢の影響を受けにくく、スクワットをできるはず(^^)

Processed with VSCO with a6 preset

画像は胸から手を少し離している印象ですが、
だいたいこんな感じのイメージですね!

如何でしたか?
細かい解説をかなり省き、簡潔にまとめてみました!
スクワットを取り組む事は非常に素晴らしいですが、
最低でもこの辺りは抑えておく必要がありますね(^^)

ただそれでも上手くいかないことの方が多いでしょう!
それもその筈、どこのポイントに気を付けるか個人差がありますので、
足幅やつま先なのか、股関節の使い方なのか、
【正しく、安全に、そして効果的なスクワットをフォーム】を身に付けたい方は、
是非お気軽にお問い合わせください♪
ではまた~。
 
ご予約はHot Pepperビューティーからでも可能です!
↓↓↓
 
 
#クラフトジム #ジム #パーソナルジム #パーソナルトレーニングジム
#ダイエット #ダイエット女子 #筋トレ女子 #尻トレ  #尻トレ女子 
#大阪パーソナルトレーニング #大阪ジム #大阪市ジム
#大阪市 #大阪市内 #大阪市西区 #大阪本町
#大阪駅 #阿波座駅 #本町駅
 
▼CRAFT.では以下のご予約を受付中!
– – – – – – – – – – – 𖤘 – – – – – – – – – –
 
☆施設見学
☆無料カウンセリング
☆体験トレーニング(1回3,500円)
 
まずはプロフィールのHPまたはDM、公式LINEからご予約ください♪
– – – – – – – – – – – 𖤘 – – – – – – – – – – –
🏠大阪市西区西本町3-1-15 阿波座セレブコート 2階店舗
☎06-6536-8626(10時〜19時まで)
craft.gym.cafe@gmail.com(24時間対応)
 
CRAFT.GYM & CAFEは、
『パーソナルトレーニング』
『健康カフェ️』が併設された、
新しいスタイルのダイエット&ボディメイク専門のパーソナルトレーニングジム&カフェです(^^)

 

Instagramページ

https://www.instagram.com/craft.gym.cafe

Facebookページ

https://www.facebook.com/CRAFTGYMCAFE-524177661384730/

Twitterページ

https://twitter.com/craft_gym

CRAFT.GYM&CAFÉ 店舗責任者 新江田宏樹

最新情報をお届けします

投稿者プロフィール

Hiroki
Hiroki
CRAFT.GYM&CAFE GYM責任者兼パーソナルトレーナー
ボディメイクもダイエットもあなたに合った方法で、そしてあなたが続けられる方法を提案し、フィットネスの習慣化をサポートします!

NSCA-CPT(全米ストレングス&コンディショニング協会)、NASM-PES(アメリカスポーツ医学協会)、NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)認定ファンクショナルアナトミースペシャリスト
2016年/2018年 大阪市ボディビルオープン168㎝以下級 3位
2021年 兵庫県クラシックフィジーク168㎝以下級 3位